投資信託で初心者が大損しないためのブログ

大損をする人が投資信託の分野では多いのでそうならならいために初心者のために作ったサイトです!

販売会社、運用会社、信託銀行の役割の違いとは・・・。

このブログでは、投資信託という金融商品を紹介していきます。 投資信託は、資産運用をしたいけど自信がない、興味はあるけど自分の資産で行える投資に限界があるなどといったお悩みをお持ちの方におすすめできると思います。

投資信託の購入を考える前に、投資信託がそもそもどういったものであるか、また、その仕組みがどうなっているか、投資信託を購入する際の注意点などについて、このブログで詳しく書いていければと思います。 今回はまず、投資信託の販売会社に関しての話からしていきたいと思います。

投資信託の販売をしているのは、保険会社や郵便局でもやっていますが、銀行や証券会社がメインとなっています。 運用会社が果たす役割と販売会社が果たす役割はそれぞれ別々の役割です。

販売は販売会社が行いますので、販売などは行わずに運用に集中するのが運用会社です。 投資家から集められたお金は信託銀行に保管されます。

資産管理を専門に行っているのが信託銀行です。 機関投資家やプロの運用会社が、販売会社を通じて出資される資金を、複数の投資家に代わって、株式や債券、不動産に投資するよう指示し運用する仕組みが投資信託なのです。

投資信託は、運用の利益を目指して成果をあげられたときに、投資家に利益を返還する金融商品の一つです。 投資ですので、もちろんお金を損失することもあります。

積極的にお金を増やす行為である分、お金を損失することもあるのです。 とにかく、この投資信託という金融商品に関して、販売会社、運用会社、信託銀行の三者が別々の役割を担っているということです。








毀損のリスクを許容しなくてはなりません…