投資信託で初心者が大損しないためのブログ

大損をする人が投資信託の分野では多いのでそうならならいために初心者のために作ったサイトです!

毀損のリスクを許容しなくてはなりません…

ゼロ金利政策によって、低金利となった今の日本には資産運用する流れがあると思います。 預金の利息はほとんどないに等しく、時代も移り変わりました。

ファンドマネージャーなどは投資家から集めたお金を運用します。 資産運用のプロにお金を任せることは、素人が資産運用することを考えると、とても懸命な手段だと思います。

銀行や証券会社、郵便局などで投資信託は販売されています。 販売会社を通じて販売されるこの投資信託は、銀行に預けるわけではないので、元本保証というものはありません。

常にお金を損失するリスクを伴っています。 預金等とは大きく違い、毀損のリスクは受け入れなくてはなりません。

信託銀行に運用会社は指示を伝えます。 どこに投資するのかを運用会社が考え、その指示に従って、集められたお金の運用方法が決まるのです。

運用会社の指示を受けてから、信託銀行は株や債券を中心に指示通りの金融商品を選びます。 債券や国内株式など様々な運用対象がありますが、株価指数への投資や国内株式、インデックス投資など、対象は多岐にわたります。

このような投資対象は、運用会社の運用方針によって変わります。 皆さんの資金の投資方法やどのような対象にするのかも、全て運用会社に委ねられています。








売るだけが販売会社 販売会社、運用会社、信託銀行の役割の違いとは・・・。