投資信託で初心者が大損しないためのブログ

大損をする人が投資信託の分野では多いのでそうならならいために初心者のために作ったサイトです!

プラスマイナスゼロでも費用は発生します。

株式売買に関わる手数料が低下した結果、株の売買手数料では全く金融機関は儲からない時代になりました。 株式売買に関わる手数料は株取引のオンライン化が進み、年々当たり前に値下げするようになっています。

投資信託の場合は、通常でも1%前後の手数料が販売会社に入ります。 投資信託の商品の購入手数料で高い物では、購入金額の3%というのもあります。

収益は購入額が増えるにつれ積み重なっていきます。 投資信託を販売しているのは銀行や証券会社や保険会社、郵便局などがあります。

最近、販売会社は投資信託の販売に力を入れる傾向があります。 他の金融商材に比べて、断然利益率が高いですし、購入手数料や信託報酬があるため、株式での売買手数料よりも、金融機関からすれば高い利益が得れるのです。

このように投資信託の購入手数料は、株の売買手数料よりも割りがいいのです。 投資家の集めたお金から、金融機関側の利益として受け取ることが可能な報酬があります。

販売会社や運用会社は、信託報酬という名目で預かり資産の一部を報酬として受け取っているのです。 これは投資家がファンドを購入し保有する間、信託報酬は日々引かれます。

(この信託報酬はファンドの純資産から引かれています。 )プラスマイナスゼロの運用成績でも結果的に信託報酬は発生しています。

金融機関などは十分な利益がこの信託報酬からも見込めます。 つまり集めれば集めただけ利益が増えることになるので、たくさんの投資家に投資信託を買ってもらうことが彼らの仕事になってきます。

極端にいえば、お金を集めるだけ集めてさえいれば儲かることが可能なわけです。 何もしなくても運用者側はこういった費用から収益を得ることができるのです。








投資信託の魅力について書いていきます 売るだけが販売会社