投資信託で初心者が大損しないためのブログ

大損をする人が投資信託の分野では多いのでそうならならいために初心者のために作ったサイトです!

販売会社、運用会社、信託銀行の役割の違いとは・・・。

このブログでは、投資信託という金融商品を紹介していきます。 投資信託は、資産運用をしたいけど自信がない、興味はあるけど自分の資産で行える投資に限界があるなどといったお悩みをお持ちの方におすすめできると思います。

投資信託の購入を考える前に、投資信託がそもそもどういったものであるか、また、その仕組みがどうなっているか、投資信託を購入する際の注意点などについて、このブログで詳しく書いていければと思います。 今回はまず、投資信託の販売会社に関しての話からしていきたいと思います。

投資信託の販売をしているのは、保険会社や郵便局でもやっていますが、銀行や証券会社がメインとなっています。 運用会社が果たす役割と販売会社が果たす役割はそれぞれ別々の役割です。

販売は販売会社が行いますので、販売などは行わずに運用に集中するのが運用会社です。 投資家から集められたお金は信託銀行に保管されます。

資産管理を専門に行っているのが信託銀行です。 機関投資家やプロの運用会社が、販売会社を通じて出資される資金を、複数の投資家に代わって、株式や債券、不動産に投資するよう指示し運用する仕組みが投資信託なのです。

投資信託は、運用の利益を目指して成果をあげられたときに、投資家に利益を返還する金融商品の一つです。 投資ですので、もちろんお金を損失することもあります。

積極的にお金を増やす行為である分、お金を損失することもあるのです。 とにかく、この投資信託という金融商品に関して、販売会社、運用会社、信託銀行の三者が別々の役割を担っているということです。








毀損のリスクを許容しなくてはなりません…

ゼロ金利政策によって、低金利となった今の日本には資産運用する流れがあると思います。 預金の利息はほとんどないに等しく、時代も移り変わりました。

ファンドマネージャーなどは投資家から集めたお金を運用します。 資産運用のプロにお金を任せることは、素人が資産運用することを考えると、とても懸命な手段だと思います。

銀行や証券会社、郵便局などで投資信託は販売されています。 販売会社を通じて販売されるこの投資信託は、銀行に預けるわけではないので、元本保証というものはありません。

常にお金を損失するリスクを伴っています。 預金等とは大きく違い、毀損のリスクは受け入れなくてはなりません。

信託銀行に運用会社は指示を伝えます。 どこに投資するのかを運用会社が考え、その指示に従って、集められたお金の運用方法が決まるのです。

運用会社の指示を受けてから、信託銀行は株や債券を中心に指示通りの金融商品を選びます。 債券や国内株式など様々な運用対象がありますが、株価指数への投資や国内株式、インデックス投資など、対象は多岐にわたります。

このような投資対象は、運用会社の運用方針によって変わります。 皆さんの資金の投資方法やどのような対象にするのかも、全て運用会社に委ねられています。








売るだけが販売会社

販売会社は、あなたに投信商品を売ればその手数料が儲けとなります。 販売会社は投資家に対して運用の指示をしたり、預かった資金の保管をしたりはしません。

ただファンドの販売をしているだけです。 完全に販売のみで、あなたが出資した資金の運用に関わることはありません。

大手証券会社や銀行は、販売する役割だけをしています。 運用会社は別にあります。

上場している大手証券会社や、有名な銀行の営業窓口に行きますと、まるで自分の会社の商品のように営業マンはおすすめをしています。 あくまでも販売会社は販売しかしていないということを改めて確認しておく必要があります。

商品を売るためにセールストークをしているということ、なんとか買わせようとしているということをよく認識しておきましょう。 あなたにとって本当に良い金融商品であるかどうかはわかりません。

販売会社の利益に、あなたが投資信託を購入した結果は関係ありません。 得をしても、販売会社のプラスにはならないのです。

売り終いなのが販売会社です。






プラスマイナスゼロでも費用は発生します。

株式売買に関わる手数料が低下した結果、株の売買手数料では全く金融機関は儲からない時代になりました。 株式売買に関わる手数料は株取引のオンライン化が進み、年々当たり前に値下げするようになっています。

投資信託の場合は、通常でも1%前後の手数料が販売会社に入ります。 投資信託の商品の購入手数料で高い物では、購入金額の3%というのもあります。

収益は購入額が増えるにつれ積み重なっていきます。 投資信託を販売しているのは銀行や証券会社や保険会社、郵便局などがあります。

最近、販売会社は投資信託の販売に力を入れる傾向があります。 他の金融商材に比べて、断然利益率が高いですし、購入手数料や信託報酬があるため、株式での売買手数料よりも、金融機関からすれば高い利益が得れるのです。

このように投資信託の購入手数料は、株の売買手数料よりも割りがいいのです。 投資家の集めたお金から、金融機関側の利益として受け取ることが可能な報酬があります。

販売会社や運用会社は、信託報酬という名目で預かり資産の一部を報酬として受け取っているのです。 これは投資家がファンドを購入し保有する間、信託報酬は日々引かれます。

(この信託報酬はファンドの純資産から引かれています。 )プラスマイナスゼロの運用成績でも結果的に信託報酬は発生しています。

金融機関などは十分な利益がこの信託報酬からも見込めます。 つまり集めれば集めただけ利益が増えることになるので、たくさんの投資家に投資信託を買ってもらうことが彼らの仕事になってきます。

極端にいえば、お金を集めるだけ集めてさえいれば儲かることが可能なわけです。 何もしなくても運用者側はこういった費用から収益を得ることができるのです。








投資信託の魅力について書いていきます

今日は投資信託の魅力について考えていきたいと思います。 投資信託はとても手軽に始められます。 一万円からの少額投資でもはじめることが可能な点は魅力であると思います。

このように、非常に安く始めることができるため、通常ある程度資金が必要な株式投資や債券投資と比べて、資産規模の小さい人でも始めやすいと思います。 また、資産運用の知識がない人にとって、プロの手を借りることができるというのは、嬉しいポイントだと思います。

投資信託を購入するメリットは色々ありますが、素人である自分が運用を行うのではなくて、専門家の分析力を頼りにしますので、運用成績が高まる期待が大きくなるといったことがあると思います。 また、透明性が高く安全性もあります。

他の金融商品と違い、行政の厳正な管理下で成り立っていますので、運用状況や資産状況などあらゆる情報において信頼がおけると思います。 これは投資信託ならではの魅力だと思います。

また、ほったらかしにできる気軽さというのもあります。 一度申し込みを済ませさえすればいいのですから・・・。

運用成績を見守る時は、定期的な報告書を受けながら、決算月ごとに月に一度や、3ヶ月に一度運用状況を確認します。 投資の幅が広げられるというのも、投資信託のメリットです。

自分の資産規模では限られた数にしか投資できませんし、分野も限られてしまいます。 投資信託では様々な投資が可能になります。

分散して多種多様な分野に、複数の投資家の資金を合算して投資することで、これまで個人では不可能だったことも可能になるわけですね。 個人では手間だったり、不可能だったりして、興味があっても新興国への投資などはなかなかできませんが、一定のボリュームメリットがあるからこそ、新興国への投資なども可能になります。

プロの専門家が、個人では難しい株や債券、その他金融派生商品に対して運用を行いますので、個人では購入できる仕組みがなかったり、情報がとりにくかったりする投資対象にも、投資信託を通じて投資することができます。 投資信託おすすめ利回りランキングなどのブログを見ながら判断していくのも良いと思います。